健康被害が出ることがある|イタチは早めに退治したほうがいい|家に棲みつくと大変
男の人

イタチは早めに退治したほうがいい|家に棲みつくと大変

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康被害が出ることがある

ハクビシン

様々な被害がある

自然の中には、様々な動物が生息していますが、人間の生活に害をもたらす動物もいます。その一つがハクビシンです。ハクビシンは、顔の真ん中に白い線が入っているジャコウネコ科の動物で、夜行性のため人前にあらわれることはほとんどありません。ハクビシンは、雑食性のため、様々な被害が出てしまうのが特徴です。畑では、農作物を荒らしたり、外で飼育している動物にも被害が出ることがあります。また、住宅にも被害が出ることがあります。ハクビシンは、トイレと決めた場所に排せつするので、天井裏がシミになったり、カビが生えてしまうことがあります。このような被害が出るため、ハクビシン駆除が必要になってくるのです。健康被害が出る可能性もあるため、ハクビシン駆除は重要です。

消毒が必要

ハクビシン駆除は、専門業者へ依頼することができます。専門業者へ依頼する一番のメリットは、被害のあった場所の清掃や消毒などを行ってくれることではないでしょうか。野生動物は、人間やペットの健康に悪影響となる細菌などを持っていることがあります。そのため、ハクビシン駆除の後には消毒などが必要になります。業者によっては、傷んだ断熱材の交換も行っています。自分でできることは、ハクビシンを侵入させないようにすることです。ハクビシンは8cmから9cmほどの穴があれば通ることができます。家や物置などに破損や穴がないかどうか確認し、あれば金網を張るなどの対処が必要になります。また、外に農作物など食料になるものを置かないようにすることも有効です。