男女

イタチは早めに退治したほうがいい|家に棲みつくと大変

このエントリーをはてなブックマークに追加

習性を理解する

イタチ

専用の罠を用いる

イタチは胴回りがとても細く、私たち人間が想像しているより狭い隙間でも、簡単に通り抜けることができます。住宅地の周囲に出現することも珍しくなく、家屋に侵入するケースが多く見受けられます。侵入ルートには、換気扇や軒下の狭い隙間が挙げられます。このため、目視可能な家の隙間はガムテームやセメントブロックなどで埋め合わせる工夫が必要です。退治するには、専用の罠を使います。ゲージ型で、イタチが中に入ると素早くシャッターが下りる構造です。イタチの出没するエリアに、好物の鶏肉が入った罠を仕掛けることで、捕獲率が上昇します。これは、鳥類を普段エサとしているイタチの習性を利用したものです。罠を設置する際は人間の匂いがつかないよう、手袋を付ける必要があります。

鳥類の飼育を控える

退治するには、始めから業者を呼ぶ手もあります。退治や駆除に特化しており、習性を知り尽くしています。業者は、ペットとして鳥類の飼育を控えるようアドバイスします。また、生ゴミを外に置かないことを強調します。イタチは雑食性であるため、食べられるものは何でも食べます。業者の行う退治方法は、多様です。例えば、イタチの忌避剤や木酢液を天井裏や家の周囲に撒くことで寄せ付けません。また、イタチは光るものに敏感な性質を持つため、ライトやCDを使った駆除方法も展開します。夜行性であるため、退治は夜間に行われる場合が多いです。業者は、24時間いつでも親身に対応してくださる所もあります。捕獲されたイタチは業者に引き渡すほか、地方自治体で処分してもらうことがおすすめです。

被害に遭う前に

蜂

スズメバチは蜂の中でも特に攻撃性が高く持っている毒も強いので巣を発見しても自分で駆除するのではなく業者にスズメバチ駆除を依頼するべきです。業者に駆除してもらうまでの間は巣には近づかずに刺激しないようにすると被害に遭う可能性が低くなります。

Read More